アメリカ株の「本格下落」が、いよいよ始まった

1: 海江田三郎 ★ 2015/07/26(日) 10:13:08.74 ID:???.net
http://toyokeizai.net/articles/-/78308?page=2今回、つまり第2のワナの方が悪質かもしれない。筆者が前回予想したように、米国株の本格的な下落が始まりつつあるわけだが、
NYダウはすでに5月19日(火)の高値から下落基調に入っているものの、これまでは特に急落と言えるような局面が少なかった。

加えてナスダック総合指数が、全体相場に逆行し、7月20日(月)に史上最高値を更新した。
このため、堅調そうな株価のうわべの動きに目を奪われて、専門家ですら誤った強気を唱え、ブルトラップにはまったようだ。
このように2回目のワナは、投資家の危機感が高まらないまま、静かにじわじわと株価が滑り落ち、
はっと気が付けば買い手は損失に追い込まれている、という危険な形になっている。

今週は世界の株価が一段と下落する流れの中にある
しかし当コラムの読者の方は、筆者が前回、「大揺れ船旅の次の寄港地は、ニューヨークではないか」
「先週で株価調整は終わりだ、と確信するのは危険だ」と、米国発の株価調整およびそれにつれた
国内株価の下落について警告を発していたので、日経平均が2万円超の水準では、
買いを控えていただいている方も少なくないのではないかと思う。読者の方の投資の一助となったのであれば、これほどうれしいことはない。

何度も当コラムで述べているが、筆者が米国株価のさらなる下落を見込んでいるのは、
決して米国経済が悪化するからではない。米国の主要銘柄で構成される
S&P500の直近PER(株価収益率)は17.8倍(先週ベース)と、近年のレンジである12~18倍(平均はほぼ15倍)を踏まえるとほぼ上限であり、高い。
高PERが許されたのは、緩和気味の金融政策があったからで、今年内の実施が確実視される利上げが、
米国の金融相場に終止符を打つ可能性がある。それは利上げになってから騒がれるというより、
事前に織り込みに行くと予想され、足元の米国株価の地すべり現象は、その始まりだとしてもおかしくはない。

ここで重要なのは、これから本格的に来る米国株価の大幅下落は、高PERが適正な位置に修正されるためであって、
米景気が下方に屈曲したわけではない、ということだ。筆者は日米ともに、(9月利上げの可能性を織り込む)8月にかけて
株価が15%程度下落すると予想している。だが、そうした株価調整が済んでしまえば、
日米等の経済状況には大きな悪材料がないだけに、その後の株価は再度底入れ上昇に転じると見込む。

日本国内の景気についてもう少し詳しくみると、特に変調は見当たらない。
ただ、内需、特に国内の個人消費が、ベースアップやボーナス増、消費者心理の改善などに沿って、
じわじわと回復している一方、円安にもかかわらず輸出数量が伸び悩んでいる。

外需より内需株、大型株より小型株が相対的に優位
このため株式の物色においては、引き続き外需企業よりも内需企業(小売、食品、サービス、日用品など)が優位となろう
今週は4~6月期四半期決算の発表が佳境となるが、全般的には内需優位(外需劣位)が、企業収益面でも確認されると考える。
ちなみに、ギリシャ問題は内外市場の材料として影を潜めたが、中国経済・株価の行方は予断を許さず、
加えて米国株価の下落がさらに進むと見込んでいる。つまり、悪材料は海外からやってくることを意味する
こうした環境下では、国内経済ではなく海外経済について不安が広がりやすく、その点でも輸出関連企業の株は買いにくいだろう。
また海外株式市場の本格調整が進めば、グローバルに株式運用を行なう海外短期筋が、
日本の投資環境が特に悪いわけではなくても、世界的な市場波乱を受けてリスクを避けるため、
日本株の利食い売りを進める恐れがある。短期筋は主に大型株で運用するため、大型株の株価下落が懸念される。
一方、こうしたマクロ的な市場波乱とは距離を置いて、独自に利益成長を遂げる小型企業については、
海外長期筋が、企業実態に基づいて、丹念に拾い買いを進めている。このため、小型優位、大型劣位、という図式も継続するだろう。

このようにすべての日本株が一律に売り込まれるわけではなく、輸出株より内需株が、大型株より小型株が、
相対的に値持ちがよいだろう。とは言っても、米国発の市場波乱が大きくなれば、日本株が無風で済むわけではなく、
相場全般として下落は避けられないだろう。
中期的な流れとしては、8月に日経平均の安値1万7000円台との見通しを、今のところ堅持する。
今週(7月27日~31日)の日経平均の見通しとしては、そうした下落基調のなかにある週だと位置付け、1万9800~2万0500円のレンジを予想する。

 

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1437873188/・【マネー】米国株の「本格下落」が、いよいよ始まった

3: 名刺は切らしておりまして 2015/07/26(日) 10:21:49.77 ID:yuULIinK.net
金融緩和バブル崩壊によるリセッション対策で、
また金融緩和バブルやる基地外国家だから。

金融業界の連中がギャンブルで稼いだツケを、アメリカ人が税金で、
ドル保有者が資産削られて購わされる地獄が始まる。

 

4: 名刺は切らしておりまして 2015/07/26(日) 10:24:34.89 ID:vkkxIQ5A.net
この人ずっと「下がる」と言ってる
いつかは当たるけど、そのときは暴落を言い当てたと騒ぐんだろうね
株の予想屋なんて気楽な商売だよ

 

7: 名刺は切らしておりまして 2015/07/26(日) 10:57:03.82 ID:fi9Bd2ky.net
>>4
本当 楽な商売だね

 

5: 名刺は切らしておりまして 2015/07/26(日) 10:31:05.66 ID:rTlD3BqC.net
中国に次いでアメリカも下がったら、その金は何処に流れるのよ?
また円買いが進んで更なる円安か?

 

9: 名刺は切らしておりまして 2015/07/26(日) 11:01:46.37 ID:4SIhLfXi.net
18,000~21,000円のレンジを予想する とでも言っておけば?w

 

11: 名刺は切らしておりまして 2015/07/26(日) 11:23:27.96 ID:KPKXVKAH.net
IMFは日本に更なる金融緩和を要求してきている 同時に増税も求めてきている
つまり日本国民はアメリカ経済の人柱になれと言ってきている
そろそろアメリカと手を切るべきじゃないのか? AIIBに加盟して牽制するべき

 

12: 名刺は切らしておりまして 2015/07/26(日) 11:39:14.00 ID:ZFIE8Gi2.net
あいかわらずつまんない記事だと思ったら東洋経済か、解散。
東スポの芸能人○○の乳房はどうちゃら陰毛がどうたらの妄想記事と同格。

コメントは受け付けていません。